猫と山と嫁さんと

~田舎でのんびりと猫ちゃん2人と山に癒され、これからも宜しく嫁さんへ~

~真の豊かさとは~

とある大富豪の男性が、
自分の息子を田舎の土地に送りました。

裕福な生活を当たり前と思っている息子に、
一度「貧しさ」というものを体験してもらい、...
自分たちの生活がどれだけ幸せなものか、
それを実感してもらいたかったのです。

息子は田舎に送られ、その土地の家族と生活をともにしました。

そして数日後、
父親は、帰ってきた息子に、貧しい生活が
どんなものだったか、その感想を聞きました。

父「あちらでの生活はどうだった?
  こちらの生活とあちらの生活はどう違ったかな?」

息子「あちらの生活はよかったよ。
   生活の違いは、もう沢山あったよ!」

息子の答えを聞いて、父親は安心しました。

ああ、息子は田舎の生活を体験し、いい感じを得てきたのだ。
現在の生活がいかに満たされているかに気づいてくれたのだ。

そう思ったのです。

 

しかし、息子が言った言葉は意外なものでした。

 

息子は父親の問いに対し、
堰を切ったように答えました。

僕たちは犬を一匹飼ってるよね。
でもあの家では、四匹も犬を飼っているんだよ。

僕たちの家には、きれいに浄水された水が張られたプールがあるけど、あの家には、とっても大きな池があって、
その池はすごく透き通ってて新鮮なんだ。
しかも、そこには魚もいたんだよ!

それから、僕たちの家には庭を明るく照らしてくれる照明があるよね。
あの家にはそれが無いけど、その代りにお月さまとお星さまが庭をきれいに照らしてくれるんだよ!

それからそれから、僕たちの家の庭は壁に囲まれているよね。
でも、あの家には壁なんて無いんだ。
まるで、ずっと先の地平線まで庭が続いているみたいなんだ!
壁が無いから、あの家はいつでも友達を迎えられるように、
ドアでさえ鍵をかけていないんだ!

それに、この街では、みんな携帯とパソコンが
僕たちをつなげてくれているよね。
あの村では、家族や自然がみんなをつなげているんだよ。

父親は、驚きのあまりしばらくの間、声が出ませんでした。

息子は最後に満面の笑みでこう言いました。

「お父さん、僕たちが本当はどれだけ貧しいのか、
 そのことを教えてくれたんだね。本当にありがとう!」

~ゆるゆる倶楽部 引用 ~