読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と山と嫁さんと

~田舎でのんびりと猫ちゃん2人と山に癒され、これからも宜しく嫁さんへ~

~空を眺めてみよう~

ふたご座流星群

条件さえ良ければ誰にでも観察しやすいのがふたご座流星群
せっかくのチャンスを逃さないために情報はしっかりチェックしましょう。

...

[icon image=”check1-r”]ふたご座流星群の観察に適した時期
ふたご座流星群が多く見られるのは寒い真冬の時期。12月の半ばが見頃です。
2016年ふたご座流星群の日本における観測条件は,ここ数年では「最高条件」です.

[icon image=”check1-r”]ふたご座流星群が多く見られる期間
特に流星群が観測しやすいのが、12月13日から14日頃。
2016年、最も観察に適しているのが、12月13日の日没後から14日の夜明けまで。ピークは、13日で極大を迎えます。
「この日はちょっと都合が悪くて・・・。」
という方には、前日の12月12日に観察するのがおすすめ。
この日も日没後から深夜2時頃にかけて流星群がよく見えるでしょう。

[icon image=”check1-r”]ふたご座流星群の観察に適した時間帯
流星群は日没後から夜明けにかけて観察できますが、月が出ている時間帯は月明かりのために流星が見えにくくなります。
月が昇りきる前、つまり夜半前の方が観察しやすいでしょう。

[icon image=”check1-r”]ふたご座流星群の観察に適した方向
流星が放射状に飛び出してくる放射点は、その名の通りふたご座α星のあたり。
ただし流星が発光する位置は様々なので、基本的にはどの方位を観察しても良いでしょう。
ただ、月明かりがある時は流星が見えにくいので、視界の中に月を入れないよう、月に背を向けて夜空を眺めましょう。

[icon image=”check1-r”]ふたご座流星群の観察に適した場所
ふたご座流星群に限らず、流星を観察しやすいのは市街地を離れた暗くて広い所。
周りに建物が少なく、できるだけ全天を眺められる場所がベストです。看板の明かりや街灯もできれば避けたいもの。
たまには都会の喧噪を離れて静かに夜空を眺めてみるのも素敵ですね。

[icon image=”check1-r”]見える流星の数
ふたご座流星群で観察できる流星の数はかなり多く、条件が良ければ、一晩に500個以上観察できることも。
1時間あたり50個ほど観察できることもあるので、
今まで流星群に興味が無かったという方もぜひ、観察に挑戦してみましょう。

[icon image=”check1-r”]観察の際の注意点
天体の観察というと望遠鏡や双眼鏡を思い浮かべる方も多いかもしれません。
でもふたご座流星群の観察には特別な道具は必要ありません。
速いスピードであっという間に流れてしまう流星を追うためには肉眼で見るのが一番です。
 ~引用~